弁護士林大佑のブログ(千葉弁護士会)

 千葉県流山市で弁護士をしております弁護士林大佑のブログです。交通事故を得意としています(https://hayashi-lawoffice.com/)

新型肺炎

 お世話になっております。弁護士の林です。

 

 https://hayashi-lawoffice.com

 

 日々トップニュースの新型肺炎ですが、どんどん影響は深刻化し、遂にはオリンピックが延期となってしまいました。前回大会である1964年の東京オリンピックは、私にとって教科書の中の出来事ですから、自国でのオリンピック開催はとても楽しみでした。

 

 しかし、新型肺炎の影響がここまで世界的に広がりますと、延期も当然であり、しかたのないことです。

 

 新型肺炎の影響は有形無形様々ですが、実は裁判でも、裁判所に出頭して直接のやり取りではなく、電話会議になったりと影響が生じております。ただ、おかげさまで私個人の業務については全く支障が無く、日々仕事が出来ています。

 

 いつ新型肺炎が終息するか全く分かりませんが、皆さんもお体ご自愛下さい。

 

 それでは!

新型肺炎

 お世話になっております。弁護士の林です。

 

 https://hayashi-lawoffice.com

 

 日々トップニュースの新型肺炎ですが、どんどん影響は深刻化し、遂にはオリンピックが延期となってしまいました。前回大会である1964年の東京オリンピックは、私にとって教科書の中の出来事ですから、自国でのオリンピック開催はとても楽しみでした。

 

 しかし、新型肺炎の影響がここまで世界的に広がりますと、延期も当然であり、しかたのないことです。

 

 新型肺炎の影響は有形無形様々ですが、実は裁判でも、裁判所に出頭して直接のやり取りではなく、電話会議になったりと影響が生じております。ただ、おかげさまで私個人の業務については全く支障が無く、日々仕事が出来ています。

 

 いつ新型肺炎が終息するか全く分かりませんが、皆さんもお体ご自愛下さい。

 

 それでは!

令和2年が始まり、早1ヶ月。

 お世話になっております。弁護士の林です。

 

 https://hayashi-lawoffice.com

 

 年末年始気分も冷めてしまい、ふと気付いたら令和2年が始まって1ヶ月が経とうとしています。

 年末年始もかなり仕事をしていたのですが、おかげさまで年明けも忙しかったように思います。特に12月と1月は裁判が多く、あちこちの裁判所に行っていました。

 

 事務所がある南流山は高速道路も鉄道もアクセスが良いのですが、裁判所に行く方法はその殆どが電車です。長距離の場合は、車内でノートパソコンを広げて仕事をすることが多いです。

 

 普通列車ですとノートパソコンの画面が周囲から丸見えなので、仕事は出来ません。

 ですからグリーン車に乗って仕事をしています。

 

 「グリーン車は贅沢だなあ」と自分でも思うのですが、電車に揺られている30分や1時間をボーッとしたり寝るわけにはいきませんし、意外と電車の中では仕事が捗ります。そこで、自分で自分を許し、グリーン車に乗って仕事をしています。

 

 それでは!

年末年始のお知らせ

 お世話になっております。弁護士の林です。

 

 https://hayashi-lawoffice.com

 

 月日が経つのは早いもので、もう12月になってしまいました。事務所を移転した8月月は夏真っ盛りでしたが、12月となり冬真っ只中です。暑がりの私も遂にコートを引っ張り出しました。 

 

 さて、年末年始のお休みですが、以下の通りです。

 

 令和1年12月28(土)~令和2年1月5日(日)

 ※上記期間中ですが、仕事用直通電話(080-9531-1328)にお電話・メール・LINEをいただくことは構いません。頃合いを見て、折り返し御連絡致します。

 

 業務開始日は令和2年1月6日(月)からです。

 

 今年度はお世話になりました。来年度もよろしく御願い致します。

 

 それでは!

新潮文庫 サイモン・シン「宇宙創成」

 お世話になっております。弁護士の林です。

 

 https://hayashi-lawoffice.com

 

 司法試験という最も文系な試験を経て弁護士として働いていますが、実は理系に進みたい思いもありました。特に子供の頃から天文学、宇宙関係のことが大好きです。

 

 私が子供の頃は、宇宙関係の本というと児童書や学習漫画ばかりで、大人の読み物のような新書や単行本の品揃えは乏しいものでした。それが最近では新書や単行本でも多数発売され、宇宙が大好きなまま大人になってしまった私のような者にとっては、とても嬉しい事態です。

 

 さて、私の本棚のコレクションの中でも最もお気に入りなのが、タイトルのサイモン・シン「宇宙創成」です。サイモン・シンと言えば同じ新潮文庫から出版されています「フェルマーの最終定理」が有名ですが、私は「宇宙創成」の方がワクワクしてしまいます。

 

 コンピュータどころか電卓さえ無い時代に地球の大きさや太陽までの距離を測った古代の人々、地動説を提唱したガリレオ、最も偉大な科学者であるニュートンアインシュタイン、宇宙の膨張を発見したハッブル(宇宙望遠鏡の名前にもなっています)など、知力や観測を尽くして宇宙の謎に迫った人々の物語には本当にワクワクします。

 

 宇宙関係の知識が無い人でも面白く読むことが出来ますし、宇宙が好きな人にとってはとてもお気に入りの一冊になると思います。

 

 興味がある方は是非読んでみてください。

 

 それでは!

事務所を東京文京区から千葉県流山市へ移転しました。

 お世話になっております。弁護士の林です。

 

 https://hayashi-lawoffice.com

 

 昨年1月以来、東京文京区にて開業しておりましたが、このたび事務所を千葉県流山市へ移転しました。約1年半ほどの東京でしたが、つくばエクスプレス・JR武蔵野線南流山駅前が新事務所となります。

 

 この1年半、東京・千葉・埼玉・茨城などを中心に多数の案件を御依頼いただいております。今日は東京の裁判所と千葉の依頼者宅へ、明日は茨城の事故現場へ、明後日は大宮と浦和の裁判所へ、と言ったように東関東を中心に毎日あちこちへ行くようになっておりました。

 

 そうすると事務所が東京というのは移動の点で非常に不便であり、通勤にも時間が掛かってストレスでした。また、事務所も手狭となり、書籍や事件記録が余裕をもって保管出来て、執務スペースも広い環境へ思い切って移転することに決めました。

 

 そこで選んだのは南流山でした。南流山は、東京・千葉・埼玉・茨城のちょうど中間です。

 しかも、つくばエクスプレス・JR武蔵野線・千代田線・東武アーバンパークライン関東鉄道など各路線への乗り換えが便利であり、常磐道・首都高・外環道・東関東道など高速道路へのアクセスも容易です。

 さらに、今までに比べて3倍の広さの事務所を借りましたが、駅の目の前のビルであるにも関わらず、家賃がリーズナブルです。

 

 移転を決意して実際に移転することはとても大変でした。有形無形の手間暇が多く、ストレスも大きかったです。

 

 しかし、8月1日付けで事務所を移転し、早いもので約1ヶ月半、今までと変わらず多数の御依頼をいただいた上に、執務環境が大幅に改善され、業務効率が飛躍的に上がりました。「移転の決断は間違っていなかった」とホッとしております。

 

 ここ南流山の地で、これまでと変わらず交通事故事件に邁進していく決意ですので、今後とも引き続きよろしく御願い致します。

 

 弁護士 林 大佑

ノートパソコンを買いました。

 

 秋葉原御茶ノ水で交通事故事件に奮闘する弁護士の林です。

 御茶ノ水・秋葉原の弁護士による法律相談【交通事故】 | 飯沼・林法律事務所

  

 おかげさまで多数の御依頼をいただき、毎日忙しくしております。久しぶりのブログ更新になってしまいました。

 

 弁護士の仕事ですが、書面を書く仕事が非常に多いです。

 しかし、それに加えて多いのが移動です。打ち合わせや裁判のために移動することが多く、往復2時間以上の移動になることもあります。また、1日に数件の裁判が入っていて、裁判所から裁判所へ移動することも多いです。

 

 そうすると出先で仕事をすることも多いのですが、スマートフォンや最近流行のタブレットだと、仕事の効率に限界があります。

 

 そこで新しいノートパソコンとしてVAIOを購入しました。ここ数年はプライベートでMACを使っていたのですが、仕事で使うので久しぶりのWindowsです。

 

 VAIOは、10年以上前に買ったきりで、今回久しぶりに購入しました。ソニーから抜けて独立しましたが、相変わらずVAIOらしい魅力に溢れています。

 

 最近は出先でもノートパソコンで仕事をしていますが、やはりノートパソコンは快適です。画面が大きいですし、キーボード入力なので普通に仕事が出来てしまいます。事務所のデスクトップパソコンを使った仕事効率の大体7割くらいで仕事が出来る感覚です。

 

 最近のノートパソコンは、薄くて軽くて持ち運びしやすいですし、SSDのおかげで処理性能が高速です。ストレスは殆どありません。

 

 マニアックな話になってしまいましたが、最近の近況でした。

 

 それでは!

 御茶ノ水・秋葉原の弁護士による法律相談【交通事故】 | 飯沼・林法律事務所

 

新年あけましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。

 

 秋葉原御茶ノ水で交通事故事件に奮闘する弁護士の林です。

 御茶ノ水・秋葉原の弁護士による法律相談【交通事故】 | 飯沼・林法律事務所

 

 昨年度は多数御依頼下さいまして、誠にありがとうございました。今年もよろしく御願い致します。

 

 今年もフットワークが軽く、レスポンスの速い弁護士を目指し、精進していきたいと思います。

 

 それでは!

 御茶ノ水・秋葉原の弁護士による法律相談【交通事故】 | 飯沼・林法律事務所

 

年末年始は休みません

 こんにちは。

 

 秋葉原御茶ノ水で交通事故事件に奮闘する弁護士の林です。

 御茶ノ水・秋葉原の弁護士による法律相談【交通事故】 | 飯沼・林法律事務所

 

 今年1年、誠にありがとうございました。

 

 年末年始の営業時間ですが、特に休みはありません。仕事用の携帯電話はいつも持ち歩いておりますので、ご用のある方はお電話いただければと思います。電話に出ることが出来ない時は、当方から折り返しお電話差し上げます。

 

 それでは!

 御茶ノ水・秋葉原の弁護士による法律相談【交通事故】 | 飯沼・林法律事務所

 

出張法律相談のメリット

 こんにちは。

 

 秋葉原御茶ノ水で交通事故事件に奮闘する弁護士の林です。

 御茶ノ水・秋葉原の弁護士による法律相談【交通事故】 | 飯沼・林法律事務所

 

 さて、私は、出張法律相談が大好きです。毎週どこかへ出張法律相談に行っています(おかげで、関東の地理や路線にどんどん詳しくなっています)。

 

 多くの方の「法律相談」に対するイメージは、相談者が法律事務所へ出向いて、革張りの椅子や立派なテーブル、スーツ姿の弁護士がぞろぞろと出てくる・・・という物々しい雰囲気かもしれません。実際、法律事務所の相談室は、立派というか少し堅苦しい印象を受けるところが多いように思います。

 

 しかし、人生で初めて法律事務所に行って法律相談をするのに、堅苦しく物々しい雰囲気だったら、緊張して話したいことをうまく話せません。

 そもそも交通事故に限って言えば「生の事故現場を見て、その事故現場で打合せをする」「相談者の方の自宅や近所の喫茶店など、相談者が一番リラックス出来る場所で、お怪我の具合や今後の治療方針についてお話しする」、これが一番の効果の高い打合せです。

 

 事務所相談に比べて出張法律相談のメリットは大きいと思います。もちろん場所的・時間的コストはありますが、これを上回るメリットがあると信じています。

 

 出張法律相談をご希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 

 それでは!

 御茶ノ水・秋葉原の弁護士による法律相談【交通事故】 | 飯沼・林法律事務所